眼科の症状

トップページ > 更年期の症状 > 眼科の症状

眼科の症状

スポンサード リンク

更年期には、目の症状を訴える人がとても多くなり、目がかすむ原因で最も多い老眼は、40代半ばで自覚することが多くなります。

また更年期になると目が疲れやすくなり、その原因として老化で目の調節力が落ち、眼鏡の度が合わなくなっていることが考えられます。

さらに目の疲れや乾きなどを引き起こすドライアイや、肩・首・腕などの凝りや上半身の循環が悪いと、目の疲れの原因となります。

そのうえ、更年期になると老化と共に硝子体が液化し、網膜と接している後部硝子体が網膜から剥がれ、それが強い影として自覚される飛蚊症を発症することがあります。

なお白内障は、年と共に誰にでも起こるものなので、病気というより目の老化現象であり、水晶体が濁って光の当たり具合で見えにくく感じます。

また緑内障は40歳以上に多く、目の中を流れる房水の産出と隅角への排出のアンバランスで眼圧が上がり、視神経を傷めて視野が欠けていきます。

Copyright © 2011 更年期障害.org. All rights reserved.