ストレスの影響

トップページ > 更年期障害の基礎知識 > ストレスの影響

ストレスの影響

スポンサード リンク

更年期は、子供が就職や結婚などで巣立っていったり、親の介護が必要になる時期であるため、生活の変化がストレスとなり、それが更年期症状を発症させる誘因となります。

また、女性ホルモンがアンバランスで心身が不安定な状態だと、日常の変化に上手く対応することができなくなります。

さらに更年期症状は、ストレスに対する感受性の違いや性格も関係しています。

そして、几帳面・完璧主義・神経質・ネガティブ・依存心が強い、などの性格の場合は症状が強く出やすいと考えられています。

そのほか更年期障害は、家族や身近な人の人間関係も影響し、孤独であったり誰にも理解されてないと感じている場合、症状が強く出る傾向があります。

Copyright © 2011 更年期障害.org. All rights reserved.