更年期のホルモンの変化

トップページ > 更年期障害の基礎知識 > 更年期のホルモンの変化

更年期のホルモンの変化

スポンサード リンク

女性ホルモンが最も盛んに分泌されるのは、20歳から45歳頃で、妊娠・出産が可能なのもこの時期です。

しかし、その後は徐々に卵巣の機能が衰え、エストロゲンの分泌が低下して排卵もしなくなり、50歳頃にはエストロゲンの分泌が激減して閉経を迎えます。

また排卵がなくなると、プロゲステロンの分泌も減少するので、2つのホルモンバランスが崩れていきます。

そのため更年期には、月経の間隔が空いたり短くなる月経不順が起こったり、少量の月経がだらだら続くことも起こります。

そうすると女性ホルモンの司令塔である視床下部は、女性ホルモンを分泌させようとしますが、卵巣が働かないのでパニック状態に陥ります。

そして視床下部のパニックは、自律神経の働きにまでおよび、ほてり・発汗・動悸・息切れなど、様々な不快症状を起こすのです。

Copyright © 2011 更年期障害.org. All rights reserved.