骨粗鬆症

トップページ > 更年期に罹りやすい病気 > 骨粗鬆症

骨粗鬆症

スポンサード リンク

骨粗鬆症とは、骨からカルシウム等のミネラルやタンパク質が溶け出し、骨量が減って骨がスカスカになった状態をいいます。

特に閉経でエストロゲンの分泌が止まると、全身に老化が起こり、骨粗鬆症を発症しやすくなります。

また骨粗鬆症は、初期はあまり症状がありませんが、閉経後に腰痛や背痛が起こってきたら要注意です。

そして骨粗鬆症が進行すると、背中や腰が曲がったり、少しの衝撃で骨折しやすくなり、背骨が潰れて身長が縮んでくることもあります。

なお骨粗鬆症の原因は、カルシウムの摂取不足が大きな原因となりますが、その他に遺伝・アルコール多飲・運動不足・喫煙・過剰なダイエット等も挙げられます。

また骨粗鬆症の治療には、ビスホスホネート製剤・HRT(ホルモン補充療法)・カルシウム剤・ビタミン剤などのほか、漢方療法が行われることもあります。

Copyright © 2011 更年期障害.org. All rights reserved.