食事

トップページ > 更年期症状の予防 > 食事

食事

スポンサード リンク

女性は40代になると、痩せている人が激減し、肥満と判定される人がじわりと増加していきます。

しかし更年期以降の肥満は、糖尿病・狭心症・心筋梗塞・脳梗塞など、生活習慣病を引き起こす元となり、乳ガンの危険因子の一つでもあります。

そのため更年期以降の健康を守るためには、肥満予防がとても大切になります。

また更年期の時期になると、子育ても家事も一段落し、体力の低下に伴って肉体を酷使しなくなるため、基礎代謝量がぐんと減ります。

そのため栄養バランスの良い食事をしても、20代や30代と同じ量を食べれば、エネルギーを消費できずに脂肪が溜まっていきます。

つまり更年期以降は、今まで以上に質と量を考えた食事が大切となるのです。

Copyright © 2011 更年期障害.org. All rights reserved.