HRT(ホルモン補充療法)

トップページ > 更年期障害の治療 > HRT(ホルモン補充療法)

HRT(ホルモン補充療法)

スポンサード リンク

HRT(ホルモン補充療法)とは、女性ホルモンを補充する治療法で、ほてり・のぼせ・発汗・冷え等によく効き、治療後1,2週間で効果が現れます。

またHRTは、神経質や憂うつ等の精神症状にも高い効果を発揮し、関節痛・筋肉痛・知覚異常などの様々な症状に効果があります。

さらにエストロゲンには、カルシウムが骨に沈着するのを促す作用があるので、HRTを受けると骨粗鬆症の予防になり、一旦減少した骨量を増やす効果もあります。

ただしエストロゲンは、乳腺や子宮内膜に影響するため、HRTを受けると乳房が張ってきたり、下腹部痛や性器出血などが見られることがあります。

なおHRTの投与法には、周期的投与法・持続併用投与法・エストロゲン単独投与法の3つの方法があります。

周期的投与法では、エストロゲンを毎日服用し、月の前半か後半に12日間プロゲステロンを併用します。

持続併用投与法では、エストロゲンとプロゲステロンを毎日一緒に飲み続けます。

エストロゲン単独投与法では、作用の穏やかなエストリオールというエストロゲンを単独で用います。

Copyright © 2011 更年期障害.org. All rights reserved.